--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/19 (Sat) かばん2008年6月号 5/5

【はじめに】
独断に基づいて選んだ、好きな歌を批評します。
原則、冊子の状態に従います。
そののちに退会した会員の方の作品も、(当時の)会員作品として扱います。
改名された方も当時の名前で掲載させていただきます。
誤字脱字があった場合は、コメントでご一報くださると非常に助かります。
敬称は省略させていただきます。

20.
――海ですよ。バスが停まってうたた寝のあいだ隣にいた人 いない
                   佐藤弓生 「こよなく美しい島」より
ダッシュの記号が時間の経過・ドラマを感じさせて、歌の雰囲気をうまく作っている。
でも、「海ですよ」っていうのは誰の声なんだろう。
景色からなのだろうか。よくよく考えたら不思議である。
そして「隣にいた人」の不在もこの歌の肝であると思う。
決してホラーではないが「うたた寝」というおぼろげな中で、何かが不在になることはちいさな不安定さを感じさせる。


22.
分別のない写真家が持ち込んだ青に戸惑う僕の果樹園
              関川洋平 「グッドボーイ」より
「青」は空なのだろうか。
いずれにせよ「青」と「果樹園」の色彩の鮮やかさが眩しい。
またその鮮やかな状況をもたらした人物を「分別のない写真家」と評しているのも面白い。
ショートフィルムのような、色彩の美しい物語的な雰囲気を感じる。


23.
人に告ぐべきにあらねど茜雲うちの嫁だけジブリが嫌い
   市川周 「濡れている星 ―ヘリウムの章―」より
「ジブリが嫌い」が言い得て妙である。
確かに、嫁がジブリを嫌いだということは人にいちいち告げたりしない。
ここでほかの言葉だとゆらいでしまうだろう。
嫌いな人の少なそうな(逆にいえば嫌いな人のキャラ立ちがはっきりしそうな)、「ジブリ」を選ぶところに作者のセンスを感じる。


24.
石油王まちがい電話で目をさます 雪 東京につもらない 雪
      市川周 「濡れている星 ―ヘリウムの章―」より
パニックに包まれたような印象を受ける歌。
「石油王」という浮世離れした響き、雪のリフレイン、1字空けの多用がバランスをうまく崩している。
また「まちがい電話」のあてのなさ、つもらない雪の存在も、頼りなさを感じさせる。


25.
ゆれるのは水兵リーベ僕の舟 春から逃げてどこまでも 北
     市川周 「濡れている星 ―ヘリウムの章―」より
「北」から効果を完全に推量することはかなわなかったが、どこか暗示的な印象を受ける。
「春から逃げて」ということは雪や冬なのだろうか?
また、前半の慣用的な表現が流れるように読めるので、呪文のような印象を受ける。
体言止めで「北」の飛び出す終わり方も、ここでは呪文独特のシュールさを感じさせる。


26.
地面からはがされていく鉱石を積み上げた分さびしい塔
               蓋炉郁 「ゆらぐ夜道で」より
壮大なスケールの一首。
「地面」「鉱石」「塔」という大きな世界をうまくまとめている。
「地面からはがされていく鉱石」という表現も、大きなものが動かされる印象を受ける。
ただ、鉱石のはがされた地面を考えるとそれは決してポジティヴではない。
そのことは「さびしい塔」からも、想像することができる。
ダイナミックな動きの中に、おおきな空虚さも潜んでいる歌である。

スポンサーサイト

批評 | comment(0) |


<<001:笑(Ni-Cd) | TOP | チャールストンの夜>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。